透明になったら、ひき肉をくわ

“料理が苦手という人は、料理ってたくさんの事を覚えないといけないと思っているかもしれません。
でも、基本のパターンってそんなに多くはないんです。
今回は応用がたくさん効く、ミートソーススパゲティの具の作り方を説明しようと思います。

まずは、にんにくをみじん切りにします。
玉ねぎをみじん切りにします。
そしてひき肉を用意します。
ひき肉は豚でも鳥でもお好きなので結構です。
そして、トマト缶を用意しましょう。
ない場合は、トマトけっちゃっぷでもかまいません。

基本準備をするのはこれだけです。

サラダオイルを引いて、にんにくに弱火で火を通します。
そして玉ねぎと塩をちょっと入れて、炒めます。
玉ねぎが透明になったら、ひき肉をくわえて、さらに炒めます。
そしてトマト缶、もしくはケチャップを入れて、さらに弱火で炒めます。

すると、ミートソースの具が完成します。
好みで、ピーマンのみじん切りを入れても美味しいですね。

このミートソースの具は、じつはたくさんの応用が可能です。

まずはこのミートソースの具に、カレー粉か、刻んだカレールーを入れると、そうです、ドライカレーに変身します。
実はドライカレーの作り方は、途中まではミートソースとの具の作り方と同じなのです。

そして、実は、このミートソースの具は、オムレツの中身にもなります。
卵焼きでつつめば、オムレツの完成です。

そして、ミートソースの具に、ケチャップを入れる前の段階に戻ります。
そこに、お豆腐を入れて、水溶き片栗粉と、中華だしと、トウガラシを加えると、なんと麻婆豆腐になります。
辛さはトウガラシの量で調節してくださいね。

このように、ひとつの料理ができるようになると、一気に作れる料理は増えていくのです。”

ようなところがあり、はまるととても面

“料理の苦手な方は、まずは簡単なものから作るとよいと思います。
どんなに料理が上手な人でも最初は誰でも素人でした。

料理も習うより慣れろの部分が大きいです。
失敗して学ぶことも多いです。

また、成功して美味しい料理ができれば、それが励みになってどんどん作れるようになると思います。

最初は簡単な鍋物が良いと思います。
いろいろな野菜や肉、魚を入れ、市販の鍋物用のスープを入れれば出来上がりです。

鍋の締めはご飯でもうどんでもラーメンでも良いです。
栄養のバランスが取れていて、しかも簡単です。

いろいろな味や材料の鍋に挑戦していって、そこからさまざまな料理にチャレンジしていくのも良いでしょう。

市販の鍋のスープから、自分でオリジナルの味を作ってみましょう。
いろいろな調味料を使うことによって、幾通りもの味が出来上がります。

料理は科学実験のようなところがあり、はまるととても面白いものです。

さらに締めの鍋のうどんを自分で作ってみるのも良いかもしれません。
締めに餃子を入れてみても美味しいですね。

全て1から作るとなるとかなり大変ですし、時間もかかります。
しかし、最初は全て既製品を合わせるだけだったことから、徐々に手作りの部分を増やしていくと良いと思います。

どれも強制ではないので、自分のペースで料理を作ればよいと思います。

節約料理もありますが、栄養のバランスを考えた上で行うことが重要です。
そのため、料理がかなりできる人は、節約料理もチャレンジできますが、初心者の方にはあまりお勧めできません。

まずは料理を作る楽しさを見に付けて行くことが大切だと思います。
自分で味の調合が上手くいかず、失敗してしまう人は、市販の調味料を使った方が便利です。

のは、お店じゃないのでとても出来

元々、若い頃は料理やお菓子作りなんて特に興味もなかった私。学生の頃は、忙しい母親の代わりにお昼のお味噌汁を時々用意するくらいでした。でも、実家を離れて一人暮らしをするようになり、自炊生活が毎日の日課になりました。

ただ、自分ひとりのための食事なので、気が向けばちょっとちゃんとしたものを考えましたが、時間のない時や休日であまり動きたくない時は、ツナ缶に醤油とマヨネーズをたらしてそれだけをおかずにしたり。栄養なんて全く頭にありませんでした。

そんな私も実家に戻り、家族と暮らすようになってからは、毎食に力を入れるようになりました。高齢の祖母もいたので栄養にも気を配り。やがて自分の子も生まれると、4世代家族になりましたから、メニューを考えるのも大変。

そんな我が家では、家族みんなに喜ばれる味付けにする必要があります。世代毎にメニューを変えるのは、お店じゃないのでとても出来ませんから。和風中心ですが、以前は醤油、砂糖、だし、時には塩も使って味付けをしていました。でも、そうして作った煮物などは、その時々によって味付けが変わってしまうことがありました。

でも、今では毎回同じような味付けのものが出来るようになりました。年季が入ったせい? いいえ、とても便利な調味料を使っているからです。それは、つゆの素。これ一本あれば、和風の食事はお任せ。みんなに人気の肉じゃがだって、つゆと砂糖でとっても簡単に美味しく仕上がります。

料理って、誰かに美味しいと言ってもらうと、嬉しくなってじゃあまた頑張っちゃおうと思います。主婦の食事作りは、毎日その繰り返しです。魔法の調味料、つゆの素を使って、美味しい料理を作ってみて下さい。